2011年03月04日

薪ストーブイベント★番外編★

2月26日(土)27日(日)開催の
古木里庫 薪ストーブショールームオープンイベント」にご来場いただきました皆さま!
ありがとうございました!!

もうすでに一週間が経とうとしておりますが、
こちらのブログでは★番外編★をお送りしたいと思います。

と、いうのも実は私は受付担当だったので、薪ストーブに張り付くことなく、
あまりにも手持ちの写真がないので、ホントに一部の写真にてご紹介いたします!


11030401.jpg

雰囲気がよく居心地のよいショールームになりました☆

以上!

と、本当にスイマセン!
イベントの様子は ●コチラ● や ▲コチラ▲ や ■コチラ■ からどうぞご覧ください!


なので私は番外編!
26日(土)のイベント後の模様をお伝えいたします!

11030402.jpg

こちらのハンプトンH300にて

11030403.jpg

何かが・・
メラメラと炎に包まれています。


その正体は・・・

11030407.jpg

牡蠣!!(大好物↑↑↑)
それも伊勢賢島の5〜6年物の天然牡蠣だそうです☆


11030404.jpg

その牡蠣を薪ストーブ輸入元である(株)グランビルの社長自ら
振る舞ってくださいました!


その牡蠣がどんな牡蠣かといいますと・・・

11030405.jpg

ジャーン☆
おーいしーーーい!

でもでも、
次に出された牡蠣は・・・

11030406.jpg

もーーーっとおーいしーーーい!!!

先の牡蠣とこちらの牡蠣では
色、ツヤ、プリプリ感が全然違ってクリーミィー☆

この違い。
「ごめん!さっきは焼き過ぎたわ」
と、いうのではなく、敢えて、焼き方の違いを教えてくださったのです。

薪ストーブといっても種類は様々。
古木里庫では5台のストーブがありますが、
用途によっての得意分野がすべて違います。

この牡蠣を焼いていただいたストーブはクッキングストーブでは
ありませんが、このように牡蠣やピザも焼けます。
でも、ただ焼くのではなく、「もっとおいしく焼くコツ」
と、いうのがあるのです。
でも、それは薪の種類によっても違うし、火の調節の仕方や
扉の開け閉めの回数によっても違う。

薪ストーブは電気やガスなどの誰でも同じようにスイッチひとつで同じことが
できる道具ではなく、シンプルで原始的なんだけれど、
奥深く、使い込むほどに人の五感を研ぎ澄ませ、本能を呼び起こさせる魅力が
ある相棒のようなものだと感じました。

イベントでは牡蠣は出ししておりませんが、おいしいものがいっぱいありました!
その中でも・・・
と、こちらはまた次回に!


皆さまもぜひこの魅力をご体感しに古木里庫へいらしてくださいね!!

posted by しょっぷちーふ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 古木里庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188852358

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。